河内長野の杉で杉玉をつくろう!

そろそろ新酒の季節ですね。
杉玉は、11月の日本酒新酒が出来上がるころ、酒蔵の軒先に飾られる杉枝を玉のようにかたどったもの。青々とした緑から茶色に変わる様がお酒の熟成具合をあらわします。河内長野の唯一の酒蔵「天野酒」の酒蔵どおりにも、11月中旬ごろに、青々とした杉玉が並びます。

%e6%9d%89%e7%8e%89%ef%bc%92_r写真提供:天野酒

杉玉を自分でつくってみたいなぁと思っていた人はぜひ!
近年ではインテリアショップのディスプレイにも飾られ、日本の伝統美がデザインとしても若い方々に大変人気の杉玉です。
河内長野の杉でつくった、あなただけの杉玉をつくりませんか?

杉玉サイズ:直径30cm~10cm(大きさは自分で刈るので決めれます)

開催日時:12月2日(土)9:30-16:00(受付開始9:00)
(終了次第退出可)

対象者・人数:小学生以上(小学生は親の付き添いが必要)・10名
中止の条件:雨天決行・警報時中止
利用場所:木根館 (木工実習室貸し切り)
参加費用:6,000円(税込)
参加費支払い方法:当日受付時
キャンセル料:開催日の1週間前から全額負担
申し込み方法:11/7(火)から開始。

メール(kinkonkan@sinrin.org)とお電話(0721-64-8151)でお申し込みください。

※先着順 定員12名
持ち物:あれば剪定バサミ、汚れてもいい服装、持って帰るときの大きな袋、昼食(近くに奥河内くろまろの郷にカフェ、レストラン、お弁当あり)

<スケジュール>
9:00 受付開始(受付デスク)
9:30 スタート・酒蔵と森林の関係も説明
12:00 午前終了・昼食開始(お弁当の方は裏庭や和室利用)
12:45   午後開始
16:00  終了・アンケート記入・片付け

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA